脱毛に関する不安・疑問Q&A

全身脱毛の前の自己処理とアフターケア

更新日:

脱毛サロンやクリニックで全身脱毛をする場合、事前に準備しておかなければならないことがあります。

それが「ムダ毛の自己処理」。

脱毛サロンやクリニックで脱毛する場合、事前にムダ毛をシェービングしておく必要があります。脱毛するのに毛を剃るの?と思うかもしれませんが、これをしないと脱毛を断られたりシェービング代を請求されてしまうことがあるのです。

今回は全身脱毛をする前の自己処理の方法やどこまで自分で処理するのかについて調べてみました。

また、以外にも抜けがちなのが脱毛後の肌ケアですので、アフターケアで気をつけたいことも確認してみましょう。

事前に確認しておきたい全身脱毛前の自己処理

全身脱毛に限らず、脱毛する前にシェービングしなければなりません。もし毛が生えた状態で脱毛(照射)してしまうと、火傷などの肌トラブルをおこすリスクが高まってしまうからです。また毛が生えていると脱毛時の痛みも強くなると言われているので、事前のシェービングは忘れないようにしましょう。

ただ、全身のムダ毛処理はかなり大変です。だからといって適当に処理してしまうと肌を傷つけてしまうことも。もし肌トラブルがあれば脱毛を断られてしまうこともあるので、丁寧な自己処理をしなければなりません。

最近は、自己処理のむずかしい部位(うなじ、背中、Oラインなど)はサロンやクリニックでシェービングしてくれるところも増えてきました。どこで脱毛するか選ぶ時は、シェービングサービスがあるか確認しておきましょう。

 脱毛サロンやクリニックで脱毛する場合、事前にムダ毛をシェービングしておく必要があります。 毛がないと脱毛できないような気がしますが、毛根さえあれば脱毛できるのです。

むしろ、肌の表面に毛があると、脱毛効率が悪くなるだけでなく、痛みや肌あれをおこす可能性もあるため、必ずシェービングしなければなりません。

脱毛前のシェービングについての説明

脱毛する前日までに必ずシェービングする

シェービングは脱毛前日までに済ませておいたほうが良いでは、シェービングはいつするのがいいかというと、前日~2日前くらいがいいでしょう。

前日ではなく、当日剃った方がムダ毛がまったくない状態になれるのでよさそうに思えますが、シェービング直後は肌が乾燥しています。

乾燥がひどくなると脱毛を断られる恐れがあるので、前日までにすませておきましょう。

どこまで剃ればいいの?

脱毛前のシェービングについては、各脱毛サロンごとに対応が違うこともあります基本的に、脱毛する部位全部をシェービングします。

ただ、背中やおしり、うなじ、IOラインなどは自己処理が難しいので、脱毛サロンによっては手が届かない部位のみシェービングを無料でしてくれるところもあります。

剃り残しについては、各脱毛サロンによって対応に差があり、シェーバーを持参(または購入)すればシェービングしてくれるところもあれば、剃り残しがあるとその部分を避けての照射になるサロンも。

脱毛ラボのように、少しの剃り残しに厳しく、シェービング代を請求されるケースも。

自己処理のオススメアイテムは?

シェービングというとカミソリを想像する人がほとんどだと思います。

シェービングをするには、カミソリまたは電気シェーバーを使いましょう。 おすすめは、肌を傷つけにくい電気シェーバーです。

刃が肌に触れずに除毛できるため、肌に負担をかけにくいです。そのため、肌が敏感な人でも使えます。

カミソリも最近は剃りやすく肌を傷つけにくいタイプのものが増えています。 少し高めの女性用のカミソリを使えば、スピーディーにムダ毛を剃ることが可能。 反対に、脱毛中に使ってはいけないのは、以下のアイテム。

  • 毛抜き
  • ワックス
  • 除毛テープなど

要は、毛を抜くタイプの除毛アイテムはバツ。 脱毛は毛根がないと効果がありません。 例にあげた抜くタイプのアイテムは、毛根を取ってしまうので脱毛中は使わないようにしましょう。 脱毛は毛根がないと効果がないので、毛を抜くタイプは使わないで

背中など剃りにくい場所はどうしたら?

背中など剃りにくい場所はどうしたら?自己処理が難しい背中などのパーツは、できれば家族や友人にやってもらうといいですね。 それが無理なら、背中用のシェーバーがあるので利用してみるのも手です。

同じように、デリケートゾーンのように小さく凹凸のあるパーツも、専用のシェーバーを使うと剃りやすいので活用してみましょう。

剃る時は鏡をうまく使って明るい場所でシェービングするとスムーズに剃れます。 脱毛前のムダ毛の自己処理に自信がない時は、シェービングサービスのある脱毛サロンを利用するという方法も

 

自己処理に使用する時のオススメは電気シェーバー

ではムダ毛処理でよく使われるアイテムをみていきましょう。どのアイテムも一長一短がありますが、一番のおすすめは電気シェーバーです。

・電気シェーバー
電気シェーバーは直接肌に刃が触れない設計になっています。そのため肌を傷つけにくいので肌トラブルがおきにくく、デリケートな肌の人も使いやすいです。デメリットはあまり深く剃れないこと。ただし最近の電気シェーバーはよく剃れるものが増えているので、1つ持っていると使えます。

・カミソリ
カミソリはムダ毛処理の定番ですね。スピーディーに処理でき、根元までしっかり剃れるのが特徴です。デメリットは肌に負担をかけやすく、ひどくなると黒ずみや乾燥肌の原因に。

・毛抜き
毛抜きは根元から抜けるため、ムダ毛のない状態を長くキープできます。ただし毛抜きは毛根を抜いてしまうので、脱毛中は使用禁止です(毛根にダメージを与えることができなくなるため)。毛穴に非常に負担がかかり、埋没毛の原因にもなるので、脱毛していなくてもなるべく使わない方がベター。

・脱毛クリーム
広範囲のムダ毛を塗るだけで処理できるのがメリット。デメリットは肌への負担が大きい薬剤が使われているため、脱毛直前の使用はやめた方がいいでしょう。

・はさみ
デリケートゾーンのように長いムダ毛をカットする時に使います。短い毛の処理には向いていないので、補助的に使えるアイテムです。

 

自己処理のタイミングと部位別自己処理の方法

ムダ毛の自己処理はお風呂に入った時にする人が多いですが、実はお風呂は雑菌だらけ。自己処理後のデリケートな肌はバリア機能が落ちているので、肌トラブルをおこす可能性も。自己処理するならお風呂上りがベストタイミングです。

キレイに処理するコツは部位によって違います。体の凹凸や毛の流れをよく見て、肌を引っ張りながら処理するとスムーズです。

・腕
表だけでなく裏側を忘れないように処理します。表は腕を伸ばした状態で剃り、裏はヒジを曲げた状態で処理しましょう。

・足
足はおしりとの境目が忘れやすいので注意!ヒザを立てた状態が剃りやすいです。

・バスト
バスト下あたりの剃り残しに気をつけて。肌を引っ張りながら剃ります。デコルテの凹凸も丁寧に処理します。

・お腹
毛の流れがいろんな方向にあるので、毛の流れに沿うように処理します。お腹も肌を引っ張りながら剃るようにしましょう。

・背中
背中用のシェーバーを使うか、別の人に処理してもらうのがベスト。明るい場所で大きな鏡を使って剃ります。むずかしいなら、シェービングサービスを利用するのも手。

・腰
忘れがちな部位なので、必ず確認を。前かがみになり腰を丸めると剃りやすくなります。

・ワキ
腕を上げて肌を引っ張って剃ります。意外と剃り残しが多い部位なので、仕上げのチェックを。

・うなじ
自力ではむずかしく、失敗したくない部位。自己処理がきびしいなら、シェービングサービスを利用した方が失敗しません。

・VIO
Vラインは最初の1~3回くらいは全剃りになることがほとんど。はさみで全体をカットしてから電気シェーバーで毛の流れに沿うように剃ります。毛を残す場合は、型紙を渡されると思うので、それを参考に剃ります。
IOラインは和式トイレに座る格好で鏡を置いて自己処理します。ムダ毛処理がむずかしい部位のため、シェービングサービスがあるなら利用した方が安心です。

 

シェービングサービスがある脱毛サロン・クリニックを選べば楽チン

脱毛するならシェービングは必要、と分かっていても全身のムダ毛処理は時間がかかるし大変です。自己処理する時間がない、面倒という人はシェービングサービスのある脱毛サロンや脱毛クリニックを利用するといいでしょう。

無料のシェービングサービスをしている中で、うなじからOラインまでを対象にしているのは「恋肌、シースリー、コロリー、聖心美容クリニック、表参道スキンクリニック」など。

コースによってシェービングが無料なのは「キレイモ、ストラッシュ、レジーナクリニック、リゼクリニック」などがあります。

有料でシェービングサービスをしているところや、シェーバーの持ち込みや購入でシェービングが無料になるところも。

ただし、シェービングは基本的に「剃り残しや処理しづらい場合」のサービスです。ムダ毛が多くシェービングに時間がかかれば脱毛のお手入れ時間が減ってしまうこともあるので、サロンやクリニックがどこまでシェービングに対応しているか確認しておきましょう。

 

福岡にあるシェービングサービスがあるサロン・クリニック

どうせ脱毛してもらうならシェービングもしてもらえたら楽になりますよね。

そこで!福岡にある脱毛サロン・医療レーザー脱毛クリニックのシェービングサービスについてまとめてみました。

 

シェービングサービスのある脱毛サロン

脱毛サロンでは契約するコースによってシェービングサービスの範囲が変わってきます。また全身シェービングしてくれるところもあれば、手の届かない部位のみサービスがある場合もあるのでチェックしてみましょう。

サロン名 シェービングサービス
キレイモ 回数パックコースなら0円
ストラッシュ 回数パックコースなら0円
銀座カラー シェービング持参で無料サービスあり
恋肌(こいはだ) うなじ~Oラインまで0円
シースリー うなじ~Oラインまで0円
コロリー うなじ~Oラインまで0円
レイビス うなじ~Oラインまで0円

 

他の脱毛コースや他の脱毛サロンでも、別料金を支払えばシェービングをしてもらえるので、シェービングがない脱毛サロンでも手の届かない部位など手伝ってもらうことが出来ます♪

また多少の剃り残しはシェービング料金が取られなかったりするので、スタッフによっても対応が少し変わってくる脱毛サロンもあります。カウンセリング時に剃り残しについての対応も確認しておくと安心でしょう。

 

シェービングサービスのある医療脱毛クリニック

脱毛サロンとは少し違い契約する脱毛コースによってシェービングサービスに違いが出ることはなく、院内統一のルールがあるところがほとんどです。

 クリニック名 シェービングサービス
 レジーナ 無料で対応
リゼ 無料で対応
表参道スキン  うなじ~Oラインまで0円
聖心美容外科  うなじ~Oラインまで0円

 

脱毛サロン同様にシェービングサービスがないクリニックでも、追加料金を支払う事でシェービングを手伝ってもらうことは可能です。

ただしシェービング代はクリニックによってマチマチなので、1部位数百円のところもあれば、部位数が増えれば何千円と支払う場合もあるので、必ず契約前にシェービングについて確認しておきましょう。

 

脱毛後のアフターケア、気をつけたいことは?

脱毛後のお肌はとてもデリケートな状態なのでトラブルや肌荒れが起こりやすいため、きちんとケアすることが大切です。

脱毛サロンでは施術後のアフターケアもしっかりしてくれるところが多いのですが、自宅に帰ってからの自分で行うケアも大切になってきます。

自分でも肌ケアをちゃんとすることで、より綺麗な肌をゲット出来るチャンスです♪

当日の入浴はNG!シャワーで済ませる

当日は入浴せず、シャワーで済ませ、できるだけお肌を温めない方がいいですね。

肌を温めることで血行がよくなり、脱毛後で敏感になっている肌が肌荒れを起こす可能性があります。

ボディソープや石鹸はできるだけ刺激の少ないものを使い、スクラブ入りやピーリング効果のあるものは避けましょう。

保湿は絶対!

脱毛後のお肌の保湿

そして、脱毛後のケアで最も大切なのは保湿です。

お肌が乾燥していると次回の脱毛時に痛みを伴いやすくなるので脱毛中の保湿は大変重要になります。この保湿をしているかしていないかで、肌状態が大きく変わります。

ローションやクリーム、美容液などを使用して、お肌のうるおいを逃さないように気を付けます。

紫外線対策で日焼けをしない

また、紫外線に当たるとお肌が乾燥してしまうので、できるだけ日焼けをしないように対策することも必要です。

特に脱毛直後は肌が敏感になっているため、紫外線を浴びると赤みやかゆみが出たり、日焼けをしやすくなっています。脱毛当日は夏でも薄手のカーディガンや、脱毛部位が隠れる服装をしていくといいですね。

もし日焼けをしてしまうと、脱毛サロンでの光脱毛は黒い色に反応するので、日焼けをしてしまうとお肌へのダメージが大きくなるため、出力を弱めることになり、結局、脱毛効果が得にくくなってしまうのです。

プールやサウナなどの公共施設も注意

さらに、脱毛中のお肌は敏感になっているので、数日間は温泉やプール、サウナなど雑菌がついてしまう可能性がある場所には行かない方が賢明です。

 

脱毛時にジェルを使うのには理由がある

エステ脱毛では、施術の際、ジェルを塗布してから光を照射する場合が多いのですが、これは、脱毛機で照射する光を、ジェルを併用することでより深くまで浸透させることができるからなのです。

また、痛みを軽減させる効果や美肌効果も期待でき、さらに、脱毛によって乾燥しやすい状態になったお肌を炎症などのあらゆるトラブルから守ってくれるといった作用もあります。

脱毛時の肌トラブル
脱毛による火傷やシミなどの肌トラブルは怖い!?

脱毛サロンのキャンペーンって、かなり安いですよね。 中には千円もしないで脱毛できるプランもあるので「えっ、こんなに安いの?」と驚く人も多いようです。 安いキャンペーンやコースが増えたことで、脱毛人気は ...

続きを見る

-脱毛に関する不安・疑問Q&A

Copyright© 福岡で全身脱毛するなら! , 2019 All Rights Reserved.